Dave Clarke

まるでサンプリングレートが48から96kHzに替わったような衝撃だ


dave_clarke_L
space_img

Artist Profile

Biography:
デイブ・クラークは最もリスペクトされたテクノDJ、プロデューサーの一人である。
80年代中期にヒップホップDJとしてキャリアをスタートさせて、アシッドハウス~レイブへと10年間でそのスタイルを変化させていった。90年代初期にストレス・レコードでレコーディングを始め、その後にはR&SやXL Recordingsからもリリースしていた。

90年代中期までには、彼は徐々にレイブサウンドからデトロイトテクノクラシックの獰猛さを兼ね備えたテクノへ移行していった。RED 1,2,3の12インチシリーズによって、彼の名は世界中に知れ渡るところとなった。

official site: http://www.daveclarke.com

User Review

All item

電源ケーブルも素晴らしい。Pro ToolsとApogeeの音質の違いをスムースにつないでくれる。驚いたよ。まるで48kHzから96kHzにサンプリングレートが上がったようだ。