DJ BAKU

d+USB class S> 音像に広がりがある気がしました 僕のエンジニアの人も同じ事を言っていました


djbaku_m
space_img

Artist Profile

HIPHOPを基盤にしながらもターンテーブルを操り常に新しいダンスミュージックを提案する、DJ/トラックメイカー。
’99~’04までの5年間の ARTIST達との交流を描いた音楽ドキュメンタリー映画「KAIKOO/邂逅」を ’05年 4月に発表。自ら監修/音楽もつとめた。
’06年6月には待望の1st.Album「SPINHEDDZ」をPOPGROUP Recordindsよりリリース。そして’08年、2nd Album「DHARMA DANCE」(ダルマ ダンス)をリリース。前作よりもぐっとBPMを上げ,生楽器の要素を取り入れたDance Music Albumに仕上げた。
 
’09年5月には日本人のヒップホップ名盤を中心に集めミックスしたオフィシャルMIXCD『JAPADAPTA』をリリース。そして7月、DJ BAKUが邂逅/KAIKOOしてきた、日本代表のラッパー12人とのフィーチャリングアルバム、その名も『THE 12JAPS』をリリース!参加アーティストはILL-BOSSTINO、Shing02、B.I.G. JOEを含むスキル/実力、共に最高峰のMC12人!9月にはDALEKとのスプリットCD「BAKU vs DALEK」をリリース。KILLER-BONGとの新曲を含む新曲3曲収録。
 
http://djbaku.pop-group.net/

User Review

TUNAMI GPX

tunami_gpx_200今RANEのDJ MIXERにTUNAMI GPXを使っているんですけど、普通の電源ケーブルよりもノイズが減ってビートが太くでるようになりました。
それで、ECLERのDJ MIXERをとおしての録りこみ(レコードをデジタル化する時や、MPCへのサンプリング、今回のバンドAlbumの時のレコードをScratchしてのRECなど)の時は、Black mamba-α にしています。
どちらも今では必需品となっています、ありがとうございました。
上の2つの電源はライブではどっちがいいのか4月にDommuneでPlayした時に、RANEにつなげて検証してみたんですが(スピーカーはファンクションワン)その時はBlack mamba-αだと低音が気持ちぼわっとふくらんでいる感じで、赤いほうがビシッと聞こえました。
そこでレコードを録りこみにつかってみたんですが、(ちなみに電源をさしているMIXERはECLERです)アナログの太い低音が丁度よくでるので、それでとりこんだものをTUNAMI GPXで出す、というスタイルに今なってます。かなり調子良いです。
あとd+USBと、RANEから909にいくキャノン→RCAもLIVEで必ず使っていますがこれもだいぶ出音クリアーになってよいです。

d+USB class S

d+usb_s_cut2USBケーブルで音が変わると最初は思ってなかったんですが、(こちらのほうが音が断然良いです。データの行き来?なんですよね不思議です。)
音像に広がりがある気がしました 僕のエンジニアの人も同じ事を言っていました。ルックスも好きなので、これからも使わせてもらいます。
ちなみにKrushさんと僕の間では”うどん”と呼んでます(笑)。

PA-02DJ

pa02dj_800_600このRCAケーブルからは上品でレンジの広い音の印象を感じました。よかったです。
普段部屋のセッティングはモンスターケーブルが多いんですが、場合によって使い分けることができるので大変助かります。