HIFANA

d+FireWireをLive用MacBookProと制作用iMacで使用していますがすべての音域の輪郭がよりはっきりしました


hifana_2011_m

Artist Profile

KEIZOmachine!とジューシーによるブレイクビーツユニット。
1998年より活動開始。ライブではプログラミングやシーケンスをいっさい使用せずリアルタイムにサンプラーのパッドを叩いてビートを刻み、スクラッチや
パーカッションなどを乗せていく独特のLIVEスタイルと、GROUNDRIDDIMやW+K Tokyo LabによるVJを迎えた音楽と映像との融合が特徴。
一方、CDやレコードなどで聴ける楽曲ではプログラミングやシーケンスをふんだんに使用し独特のHIFANAサウンドを作っている。またHIFANAのアーティスト写真やPV等でも見られる数々のキャラクターのアートワークはソロボンヌ先生 a.k.a.ジューシーとMAHAROが手掛けている。

1999年にDJ用スクラッチ・レコード『Sound Touchable』をリリース。2003年には同タイトルの二作目『Sound Touchable弐』をリリース。2003年11月19日には初のフル・アルバム『FRESH PUSH BREAKIN’』をW+K Tokyo Lab / felicityよりリリース。このアルバムに収録していたミュージックビデオ『FAT BROS』が”スペースシャワーTV”『SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS 04』にてBEST CG/ANIMATION
VIDEOの受賞や、海外の様々な映像の賞を受賞。
また自身のレーベルNAMPOOHを主宰し、イベント制作(『ZAMURAI』主催等)、CM等への音楽提供や、アートディレクション等々の様々な活動を幅広く行なっている。2005年8月には2ndアルバム『CHANNEL H』をリリース。(アルバム収録PV“WAMONO”が平成17年度文化庁メディア芸術祭優秀賞/”スペースシャワーTV”『Best CG/ANIMATION VIDEO’06』を受賞)2005年12月にHIFANAが主宰するイベント『ZAMURAI』のライブ映像を日本の様々な映像クリエイターによって編集したDVD 『ZAMURAI TV』をリリース。2006年8月には初のレーベルコンピ『NAMPOOH CABLE』をリリース。2007年8月には海外/国内の様々なライブをコンパイルしたDVD作品と新曲を加えた2.5枚目のアルバム『CONNECT』でEMI Music Japanへメジャー移籍また同作品において、フランスはEMI傘下の”DELABEL”と初の海外メジャー契約。そして、2010年7月28日に全12曲に12本のミュージックビデオを収録した最新作CD+DVDアルバム『24H』を発表!

User Review

d+FireWire

あまり細かい音質に神経質なタイプじゃない僕たちでもその良さを感じる事ができましたね。d+FireWireをLive用MacBookProと制作用iMacで使用していますがすべての音域の輪郭がよりはっきりしました。d+ RCA class B,PA-02も同じように音の解像度を上げてくれるので、クラブによる音の鳴りの違いのストレスを軽減してくれていますね。
Liveで使うScratch LiveとPCをつなぐケーブルにd+ USB class Bを使っていますが、以前はよくあったエラーがかなり軽減しましたよ。
- KEIZOmachine!

ケーブルを交換したおかげで、気持ちよく演奏させてもらっています。
まわりの友達がやけに緑白のピンケーブルに反応します。
角張った形状と、自由な色選びがいいですよね。
作業や演奏も楽しくなること受け合いっス!
すばらしいケーブルの本領を発揮できるような音作りを目指そうと思います。
- ジューシー

HIFANA @ RISING SUN Rock festival 2010