te'

QAC-202 G > ギラっとしたサウンドを出したいときには最適なケーブル


te'_2014_sq_900
space_img

Artist Profile

Guitar:kono
Drum:tachibana
Guitar:hiro
Bass:matsuda
 
emo、post core、post rockに影響を受けたkonoを中心に結成。
アートな響きを放つメロギター、独特なフレーズで攻めてくるリズムギター、繊細な中にもビート感が迫ってくるドラム、現代系エフェクトを駆使したベースが一つになるその音の世界は、果てしなく奥深い感性が揺さぶられるのを気付かせてくれる。歌が無くとも心の中心に鋭く入り込んでくる音である。
 
http://tee.daa.jp/

User Review

kono
 
いままで使用していたケーブルがいかに劣化したものを使用していたのかを思い知らされた感じで驚きました。シールドでここまで音が変わるとは思っていませんでした。素晴らしいケーブルだと思います。今回は、僕がいつも使用しているFender USAのストラト、FenderのTwin Ampで試奏しました。

QAC-202G

qac_202_g_1280_w900kono
 
一発目のレスポンスが非常に早く、高音の抜けが非常に良いと感じました。ギターの1?3、5,6弦の抜ける印象です。
はっきりとしてるのにかかわらずバランスが良く、割と音が綺麗に出る印象です。ギラっとしたサウンドを出したいときには最適なケーブルだと思います。パワーを出していくコードでやリフで押すサウンドには最適では無いでしょうか。

G-SPOT

L_gspot_w900kono
 
ミドルの押し出す感じが素直な感じがしました。その割にハイ、ローの抜け、エフェクターの乗りも悪くない。
ギターでいうと、3,4,5弦あたりの抜ける感じの印象がです。
アルペジオを弾いたときの抜けが気持ち良いです。
ロスが少なく楽器の木の音がそのまま前に出ている感じがします。