大橋 トリオ

ベース用に色々なケーブルを試した結果、最終的にこのケーブルに行き着きました。


ohashi201208.jpg
space_imgspace_img_2

Artist Profile

4歳よりピアノを習い始める、その他幼い頃より家に転がっていた色々な楽器に親しむ。13歳、ロックへ、ドラムを習い始める、同時にエレキベース、エレキギター、アコースティックギターをバンド等で始める。
 
その後JAZZに目覚め18歳、ジャズピアノを学ぶため音楽大学へ進学。
在学中あらゆるジャンルの音楽を聴き音楽の幅を更に広げ作曲を始める。卒業後、映画「この世の外へ―クラブ進駐軍―」(阪本順治監督)にピアノ演奏、ビックバンドアレンジで参加。
その後、ピアノ・ギター・ベース・ドラムなど、あらゆる楽器をこなすマルチプレイヤーとしてジャズ及びアコースティックをベースに、映画やCMなどの音楽制作、歌手への楽曲提供(小泉今日子、信近エリ etc)、アレンジ、ミックス、サポート演奏など音楽かとして幅広く活動中。
 
2006年7月、映画「colors」(柿本ケンサク監督)2007年9月、映画「BAUMKUCHEN」(柿本ケンサク監督)のオリジナルサウンドトラックを大橋好規名義でリリース。
アコースティック音楽の可能性を模索しつつ、ジャズ、ソウル、ポップス、ロック、AOR、ボサノヴァなど、すべての音楽をブレンドしたボーカルアルバム「PRETAPORTER」(2007年)、「THIS IS MUSIC」(2008年)を大橋トリオとしてリリース。
 
その後、大橋好規名義でインストゥルメンタル作品「borderless」(2008年)リリース。映画音楽家として、2008年公開の映画「ジャージの二人」(中村義洋監督)、2009年5月公開の映画「余命1ヶ月の花嫁」(廣木隆一監督)の音楽を担当。
そして2009年5月に大橋トリオとしてエイベックス・リズムゾーンよりメジャーデビューする。
 
http://ohashitrio.com

User Review

PA-01PP

pa01pp
ベース用に色々なケーブルを試した結果、最終的にこのケーブルに行き着きました。パンチがあってローがよく出るケーブルで、現在僕のベース用シールドの基準となっています。
(*PA-01は現在廃盤です。)