Robert Lippok

co-founder of the music project to rococo rot


Robert Lippok

Artist Profile

1966年、ベルリン生まれ。
若いころよりミュージシャン、ヴィジュアルアーティスト、舞台セットデザイナーなどの様々な活動を行う。
1990年代に兄のRonald Lippok、デュッセルドルフ出身のStefan Schneider と共に、To Rococo Rot を結成。1996年以来、グループはKitty-Yo、City Slang、Staubgold など様々なレーベルからアルバムをリリースしている。加えてOlaf Nicolai、Doug Aitken、そして小金沢武人といったヴィジュアルアーティストの作品にも、音楽を提供している。
ソロミュージシャンとしてもステージ活動を行い、「open close open」(Raster Noton、2001年)、「Falling into Komeit」(Monika Enterprises、2004年)をリリースしている。