SYSTEM7

「太くて強靭」な見た目どうりのサウンドと、細部までディテールを再現してくれる繊細さが気に入っています


S7_2shot_1_250

Artist Profile

英国のサイケデリック・ロック・バンド「GONG」のギタリスト、スティーヴ・ヒレッジ(Steve Hillage)と、彼のパートナーであるキーボーディスト、ミケット・ジラウディ(Miquette Giraudy)によるダンスミュージック・ユニット。
07年には手塚治虫の代表作である『火の鳥』をトリビュートしたアルバム『Phoenix』をリリースし話題となる。
40周年を迎えたGONG時代からの往年のファンから、クラブミュージックに熱狂する若い年代まで、世代を超えたファン層を持つ。
www.a-wave.com/system7

S7_2shot_1_250
S7_AMAMI_2_250

今年の夏、SYSTEM7は奄美皆既日食フェスティバルとFUJI・ROCKフェスティバルにて熱いステージを披露。スティーブはさらにFUJI・ROCKで伝説のサイケデリックバンドの”GONG”のギタリストとしてもステージに立ち、多くの観客を熱狂させた。

User Review

PA-02 DJ

SYSTEM7のステージ上ではNEOのPA-02 DJが使用されています。

Miquett_1_300
steve_1_300
pa02dj_800_600

 
スティーヴ・ヒレッジ
 
“At our most recent shows in Japan -at the Amami Eclipse Festival and at Fuji Rock – several people who have seen System 7 before said our sound was fantastic – louder and clearer than they had heard before.
We think that this is connected to the Oyaide PA-02 cables that we’ve just started to use – they’ve had a great effect on our sound”
 
先日の「奄美皆既日食音楽祭」そして「フジ・ロック・フェスティバル’09」でのLive後「これまでのLiveよりも音圧がある上に、サウンドがよりクリアだった」というような同様のコメントを何人からも貰った。
それらのLiveを体験した私達のファンは、過去のLiveとの音の違いに気がついたようだ。
PA-02の威力が明確になり、SYSTEM 7のサウンド効果に欠かせない機材の一つとして、素晴らしいパートナーに出逢えた。
 
ミケット・ジラウディ
 
“I use a pair of Oyaide PA-02 cables to connect my synthesisers to Steve’s DJ mixer in the System 7 live setup.
They look great and they sound like they look – big and strong but with a lot of detail as well”
 
SYSTEM 7 のLiveにはオヤイデのケーブルは無くてはならないもの。PA-02は、私のシンセサイザーをスティーヴのDJミキサーへと繋ぐ為に使用していますが、ライトパープルのルックスもクールで、その「太くて強靭」な見た目どうりのサウンドと、細部までディテールを再現してくれる繊細さが気に入っています。