THE NOVEMBERS

QAC-222G>音が変わることでハッキリとした好印象を持てたのはこのケーブルが初めて


THENOVEMBERS_2016AW_w1200

Artist Profile

THE NOVEMBERS
 
Yusuke Kobayashi / Vocal & Guitar
Matsumoto Kengo / Guitar
Hirofumi Takamatsu / Bass
Ryosuke Yoshiki / Drums
 
the-novembers.com/

2005年結成のオルタナティブロックバンド。2007年にUK PROJECTより1st EP「THE NOVEMBERS」でデビュー。様々な国内フェスティバルに出演。
2013年10月からは自主レーベル「MERZ」を立ち上げ、 2014年にはFUJI ROCK FESTIVALに出演。海外ミュージシャン来日公演の出演も多く、TELEVISION,NO AGE,Mystery Jets,Wild Nothing,Thee Oh Sees,Dot Hacker,ASTROBRIGHT等とも共演。
小林祐介(Vo/Gt)はソロプロジェクト「Pale im Pelz」や 、CHARA、yukihiro(L’Arc~en~Ciel)、Die(DIR EN GREY)のサポート、浅井健一と有松益男(Back Drop Bomb)とのROMEO`s bloodでも活動。ケンゴマツモト(Gt)は、園子温のポエトリーリーディングセッションや映画「ラブ&ピース」にも出演。高松浩史(Ba)はLillies and Remainsのサポート、吉木諒祐(Dr)はYEN TOWN BANDやトクマルシューゴ率いるGellersのサポートなども行う。
2015年10月にはBlankey Jet CityやGLAYなどのプロデュースを手掛けた土屋昌巳を迎え、5th EP「Elegance」をリリース。
2016年は結成11周年ということで精力的な活動を行い、Boris、Klan Aileen、MONO、ROTH BART BARON、ART-SCHOOL、polly、Burgh、acid android、石野卓球、The Birthday等錚々たるアーティストを次々に自主企画「首」に迎える。2016年9月に6枚目のアルバム「Hallelujah」をMAGNIPH/HOSTESSからの日本人第一弾作品としてリリース。そして11周年の11月11日新木場スタジオコーストワンマン公演を行い過去最大の動員を記録した。

User Review

QAC-222G

QAC222G_SS_001_800
これまでにいくつかのメーカーのケーブルを試してきましたが、音が変わることでハッキリとした好印象を持てたのはこのケーブルが初めてでした。輪郭を強調させたり、もやもやする部分を削ったりするペダルをボードに組んでいましたが、思い切って外しました。QAC-222Gを導入したことにより、自然と音が明るくスッキリとし、強くなったからです。
生の音をアンプで増幅するまでの間で一番大事なのは「自分にとって大事な音の要素」を損なわないことなんだと改めて思いました。
ちなみに、ギターからボードまでをQAC-222G、ボードからアンプはG-SPOT CABLEを使用しています。この組み合わせ、順序が自分にとってのベストでした。
Yusuke Kobayashi / Vocal & Guitar
 
ギターからボードに接続している。以前使用していたケーブルに比べてぐっとレンジが広がった。特にミドルの抜けが良い。レスポンスも早い。
Matsumoto Kengo / Guitar
 
僕がケーブルに求めていることは楽器の信号を素直に送り出してくれることなのですが、それまで、マイクケーブルの定番と呼ばれているケーブルで自作したものを使用していました。とても素直な音で、かつローミッドのあたりが心地よくて満足していたのですが、このケーブルを試したときに「膜が一枚剥がれた」と感動したのを覚えています。ローもハイもしっかりと伸びていて、だからと言ってドンシャリではなく、艶っぽいミッドがきちんとあって、音が広くなったと言う表現がしっくりきます。楽器からペダルボードまでのケーブルとして愛用していますが、エフェクトの乗りもぐっと良くなりました。特にディストーションを掛けたときに、しっかり輪郭を保ったまま歪んでくれるので、とても扱いやすいです。楽器の音が一段階強く、リアルになって、今では手放せません。
Hirofumi Takamatsu / Bass

G-SPOT CABLE

L_gspot_w900
ギターからボードまではQAC-222G、ボードからアンプにかけてG-SPOT CABLEを使用しています。この組み合わせ、順序が自分にとってのベストでした。
エフェクターで作り込んだ音の中に、以前あった“少し耳に障るような部分”が減りました。G-SPOT CABLEの持つリッチさが効果的だったのだと思います。幅広いニーズに応えられるケーブルではないでしょうか。万能。
Yusuke Kobayashi / Vocal & Guitar
 
ボードからアンプにかけて接続している。ボードを通って少し落ちたミッドやハイのハリを程よく補ってくれる。この組み合わせが気に入ってる。
Matsumoto Kengo / Guitar
 
このケーブルは、ペダルボードとDIの間に使用しています。ローからローミッドの密度が特徴的で、不思議なことに、どっしりしているのに暑苦しくない。音が速いからでしょうか。ベースでもギターに使用しても、音が一歩前に出てくる印象を持ちました。QAC-222Gと同時採用だったのですが、ケーブルを変えてから、しっかりとバンドアンサンブルの中で抜けて来るので、アンプのEQもフラットになり、ヴォリュームも下がりました。
Hirofumi Takamatsu / Bass

DC-3398 LL

dc3398_03m_002_1600
最初は「電源ケーブルの違いなんてなかなかわからないよな」と思っていたのですが、ある時、ブーストされた音がスッキリとしていることに気付きました。
主に空間系、メインのプリアンプにDC-3398を使用していますが、僕はそれらのエフェクターの後で過剰なブースターをオンにすることが多いので、以前はノイズも一緒に増幅されていたようです。微妙なノイズを疎かにするべきでないことを知り、清い電気の尊さを学びました。
Yusuke Kobayashi / Vocal & Guitar
 
自分のボードの中には今DC-3398とそうでない電源ケーブルが混在しているが、明らかにDC-3398のチャンネルの方がノイズが少ない。あと見た目がカッコいい。電源ケーブルの大切さを知った。近々全てDC-3398にする予定だ。
Matsumoto Kengo / Guitar
 
エレクトリックギターやベースなどにおいて、電気まわりと言うのは密接に音に関係してくると思うのですが、中々DCケーブルにまで目がいかないと言うか。僕も結構疎かにしてきたポイントだったのですが、やはり無視できないよなと思い、DC-3398を試しています。ハイがすっきり出てきて、ノイズも乗りにくく、音がクリアになったと言う表現がぴったりでしょうか。現状ではプリアンプに使用していますが、色々なエフェクターで試してみたいなと思っています。
Hirofumi Takamatsu / Bass