土屋昌巳

G-Spot Cable > は中低域の密度が高く、いわゆる”腰の据わった”サウンドが特徴。200~300Hz辺りの音質が素晴らしく、かなり好きなサウンド


tsuchiya_300

Artist Profile

既に40年近いキャリアを持つベテラン・ミュージシャン/プロデューサー。
 
ジャパンのワールド・ツアーをギタリストとしてサポートした経験もあり、海外アーティストとも太いコネクションを持つ。
ソロ作品も多数リリースしている。
 
http://www.ne.jp/asahi/masami/london/

User Review

G-Spot Cable

L_gspot_w900G-Spot Cableは中低域の密度が高く”腰の据わったサウンド”が特徴
G-Spot Cable、QAC-202 Gとも、あくまでギター専用に焦点を絞った良い意味での個性が感じられ好印象でした。また、ノイズが非常に少なくシールド力も優れています。
 
G-Spot Cableは中低域の密度が高く、いわゆる”腰の据わった”サウンドが特徴。200?300Hz辺りの音質が素晴らしく、かなり好きなサウンドです。10kHz以降のハイエンドを無理に伸ばしていないので、耳に痛い感じがないのも素晴らしいところ。リフやコード・サウンドに重さとともにまとまり感が加わる感じです。サステインも十分に伸びる印象があり、さまざまなギターでチェックしましたがFENDER StratcastarやJazzmasterなどのシングル・コイル・ピックアップとの相性が抜群でした。

QAC-202 G

qac_202_g_1280_w900QAC-202 Gはクリアで前に出るサウンドが特徴。
QAC-202 Gはクリアで前に出るサウンドが特徴。高域?低域までの広い周波数帯をカバーしつつも、高域に暴れる感じがないのはよいですね。2?3kHzに乾いた質感があり、各弦の分離が良いのも特色。ダビングの多いサウンドの中でもギターの輪郭をはっきりと出してくれるでしょう。チェックではGIBSON Les PaulやGRETCH 6120など、ハムバッカー・ピックアップの個性をしっかりと引き出してくれました。