Body & SOUL live in Tokyo open air 2010

8/17
2010

オヤイデ電気/NEOがDJブース周りに製品を提供致しました。
2002年日本上陸後から恒例となっているNY発祥のハウスミュージックの祭典、「Body&SOUL Live in Tokyo open air 2010」が、お台場青海シーサイドコートで5月23日(日)に開催


b&s_hedder.jpg

2002年日本上陸後から恒例となっているNY発祥のハウスミュージックの祭典、「Body&SOUL Live in Tokyo open air 2010」が、お台場青海シーサイドコートで5月23日(日)に開催され、オヤイデ電気/NEOがDJブース周りに製品を提供致しました。

b&s_booth.jpgDJミキサーのDOPE REAL UREI1620 (FRANCOIS K.の要望でDOPE REAL社が改造した世界に1台しかない特注品)と、PIONEER CDJ1000MK3の接続には高音質、高解像度でお馴染みのラインケーブル「NEO PA-02DJ」を使用。そしてCDJ1000MK3の電源ケーブルには、C7メガネ型コネクターの「OYAIDE PA-22ZX」を使用しました。さらに高品質電源タップ、「OYAIDE MTS-6」が導入され、音と機材にこだわり、贅沢な音響環境で思う存分ダンスミュージックを楽しんでほしいという願いをこめるパーティー、「Body&SOUL」の音づくりにOYAIDE/NEOが貢献しました。

b&s05.jpg

左から, Danny Krivit、Francois K.、Joaquin “Joe” Claussell の3人がバックトゥバックでDJプレイし、約9時間の壮大な物語をつくりあげていく。

b&s07.jpg

また夕暮れ過ぎには野崎良太氏率いるJazztronikのスペシャルライブが行われました。

尚、イベントの模様は以下のウェブサイトでもレポートされています。
clubberia
MSN BEAT CULTURE