BOH&休日課長 ベーシスト特別対談

12/14
2018
  • HOME
  • >
  • news
  • >
  • BOH&休日課長 ベーシスト特別対談

「ケーブルの悩みを全部解決したくて、今後もう悩まなくて済むなというところまで行きたいし、けっこういいとこまで来たなと思うんです。」(BOH)


boh_kacho_neo033_900

ゲスの極み乙女。という国民的バンドを軸にDADARAY、ichikoroと、複数バンドで活躍する休日課長。
自身のバンドである仮バンドの他、ニコニコ超パーティーの超バンド、戦術音楽ユニットワルキューレ、松岡充ひきいるMICHAEL、浜田麻里など、数多くの現場から引き手数多、日本を代表する6弦ベーシストBOH。
一見相まみえることのなさそうな二人のベーシストだが、実はお互いの存在を意識していたという。

共通事項はOYAIDE/NEOのユーザーであるという点のみ。お互いの声を知るOYAIDE/NEOは、ここをピンポイントで集中突破。
そして実現した、ありそうでなかった、しかし一方この組み合わせがあったか、ともいえる二人のベーシスト対談。

この二人の対談というエキサイティングな企画、実は最も楽しみにしていたのは我々OYAIDE/NEOチーム。
その証拠に、このインタビューはNEO WEB史上最長のインタビューとなった。じっくりと読み進んでほしい。

「あー、やっと会えた、課長―。会いたかったー。」(BOH)


-OY:念願のお二人による対談が実現して嬉しく思います。

BOH:雑誌の取材で、今会いたいベーシストいますか?って聞かれるたびに、「休日課長!」と答えているんですけど、全然実現しないんですよ。

休日課長:それはちょっとコワイです。以前、お会いする機会があったんですけど、僕仕事入ってしまって実現せず・・・今日はありがとうございます。

BOH:昔から知ってはいるので初めて会う感じはしないですね。課長いろいろ活動しているから、いろんなところで見たり聞いたりするし。

休日課長:そうですね、今、ゲスの極み乙女。、DADARAY、ichikoro、みっつバンドやってます。

-OY:以前からお二人は意識していたんですか?

BOH:意識していたもなにも僕はもう、「会いたい!」という感じでした。

休日課長:僕もそうですよ。

-OY:実は二人のその感じ、ちょっと意外だな、と思っていたんです。

休日課長:いや、僕もBOHさんが会いたいと思ってらっしゃるの、意外でした。僕という存在を認識して頂いているとは。

BOH:最初、ゲスの極み乙女。(以下、ゲス乙女)がデビューした時に、シングル聴いて、なんだこのベースは、と。こういうベースラインを弾く、いわゆるバンドマンみたいな人がここ最近全然いなかったし、ちょっとフュージョンライクな部分もあったりする。そういう部分をすごく勉強しているのが、ベースラインとか音色にも出てる。実際にライブを映像を見ると、弾くタッチの角度やフォームがしっかりしていて、発音もきれいだし、ピッチ感がすごくいい。ちゃんと安定して弾いている、ぼくそういうキチンとした人が好きなんです。それにゲス乙女は曲展開がむずかしいじゃないですか。

休日課長:たしかに、展開は多めですね。

BOH:でもそこに自然にアプローチしてる。曲は川谷くんの才能だと思うんですけど、奇をてらった感じに作られていても自然に聴こえてくるのは、ベースラインによるメロディーのつなぎ方が大きいと思います。ポップさやキャッチーさを演出しているのはそこだなって、分析したりして。

休日課長:僕が意識しているところ、していないところをズバズバ言われました。