ARTIST REVIEWS

DJ/Producer

Odd|Drumcode|SuaraのDJ、プロデューサー、Ramiro Lopéz。

オヤイデは最高のケーブルだ!長い間使っているけど、いつも完璧に機能しているよ。本当に信頼できるケーブルで、スタジオでもDJでも常に僕のセットアップに使ってるんだ。

ラミロ・ロペスが音楽の世界に足を踏み入れてから、実に多くのことが起こりました。幼い頃はラジオを聴いたりコンピレーションを作成したりしていました。1996年にDJとしてキャリアをスタートさせその後プロデューサーに転身しました。

DrumcodeやSuaraといった名門レーベルからのリリースで大きな成功を収め、Arjun Vagaleと共に新しいレーベルOdd Recordingsをスタートし安定したペースでその成長を続けている。

2006年、ラミロは音楽制作の世界に飛び込み、音楽の知識やDJの経験を元に学び始めました。他のアーティストと意見や悩みを共有しながら、徐々に自分のメロディーを定義していきました。そして、次第に音楽を作るというクリエイティビティーは彼にとっての新たな生き方になり始めました。彼の音楽はテクノやハウスといった単一のスタイルではなく、R&B、ダウンビート、ディスコ、ファンク、テック、グルーヴといった様々なスタイルが混在しています。さらに、クールでフレッシュ、そしてシンプルにユニークなものを提供するのがラミロである。彼は日々努力をし続けているのである。

彼の仕事に対する献身的な努力は、素晴らしい結果をもたらしている。
Drumcode (“Clap Your Hands” withside Coyu), INTEC (“This & That” it was included within Carl Cox’s “New Year Weapons” published by Mixmag), Octopus Recordings, Toolroom Trax, Terminal M, SCI + TEC, Bedrock (Nicole Moudaber remix his banger “That’s Not Happening”), Cecille, Noir, Defected or Tronic among many others …などのレーベルでリリースしている。
そして、彼はSuaraからリリースした「Digging Deeper EP」は大きな成功を収め、エレクトロニックシーンで認知度を高めています。

ラミロは常に進化を続けており、多くのプロジェクトに参加している。
彼は著名なアーティスト達とコラボレーションし、常に世界中を旅しています。サンパウロ、北京、マイアミ、ムンバイ、メキシコ、ベルリン、チューリッヒ、イビサなどの都市でプレイし、彼の音楽で世界中のオーディエンスを喜ばせています。
南米やアメリカでの活躍は目覚しいものがある。彼はスペインのアーティストのニューウェーブの一部であることは間違いないだろう。ラミロにはまだ多くの可能性がある。

▶ Facebook ◀ ▶ Instagram ◀

PageTop