ARTIST REVIEWS

DJ/Producer

USBをアップグレードすることはそんなに重要だと思わなかったが・・・オレは間違っていたよ


740816_10151350711859368_2078160654_o

Official : http://www.carlcraig.net/
Twitter : https://twitter.com/carlcraignet
Instagram : https://www.instagram.com/carlcraignet/

Artist Profile – Carl Craig

1987年、デトロイトテクノのオリジネイターであるDerrick May、Kevin Saundersonと出会い、数々のレコーディングに参加。
1989年にはDerrick Mayのレーベル、TransmatからPsyche名義でファーストEPをリリース。その後、自らのレーベル、Retroactiveを設立し自身の作品を中心にリリースする。
1991年にはRetroactiveに幕を閉じ新たなレーベル、Planet Eを設立。そこから、69名義で「4 Jazz Funk Classics」、「Jam The Box」、「Desire」、Paperclip People名義で「Remake」、「Throw」、「Climax」、Innerzone Orchestra 「Bug In The Bass Bin」などのEPを次々とリリースし、世界中で大ヒットを記録。また、Moritz Von Oswald(Basic Channel)のプロジェクトであるMの「Dommina」のリミックスを手がけ、ハウスファンにも絶大な評価を得る。
1996年にはPaperclip People名義のアルバム『The Secret Tapes Of Dr.Eich』、1999年にはInnerzone Orchestra名義のアルバムを発表。後者はMiles Davis、John Coltrane、Sun Raといったスピリチュアル・ジャズの巨人たちからの影響を、彼独自のエレクトロニック・サウンドで追求し世界的に高い評価を得る。
また、リミックス作品をコンパイルしたDesigner Music名義のアルバムや、ミックスCD 『The Workout』、『FABRIC 25』、伝説のデトロイト・スピルチュアル・ジャズの巨人たちと制作したプロジェクト、The Detroit Experiment、 Moritz Von Oswaldと共にRavelのクラシック音楽を再構築したRecomposedなど、常に新しい音楽に果敢に挑戦し続けている。ほかにも、「Tres Demented」というフロアキラーの強力なトライバルトラックや「Darkness」や「Angel」などのディープ・トラック、Laurent Garnier、Theo Parrish、Rhythm & Sound、Junior Boys、Xpress 2、Morgan Geist等の傑作リミックスを手がけている。Planet Eと共に現在も尚確実に進化を続けているエレクトロニックミュージック界の革命児Carl Craig。

User Review

d+USB

オヤイデのUSBケーブルをとても気に入っている。最初はUSBをアップグレードすることはそんなに重要だと思わなかったし、それがスタンダードだと思っていたんだが・・・オレは間違っていたよ。
ニアフィールドモニター、YAMAHA-HS50MにオヤイデのINS-BSを設置し、トーンジェネレーターで各帯域のサウンドの変化をチェックしてみた。その結果、ローエンドの音がより判断しやすくなり、ハイエンドは伸びるようになった。
さらにBlack Mamba-αにパワーケーブルを変えたんだが、ローエンドの音の判断がより素早く出来るようになり、ホーンの音など中高域に配置された音がより立体的に聴こえるようになった。

the_4gears_1
the_4gears_2
the_4gears_3

この2つにラインケーブルPA-02を組み合わせてモニターしている。全体的に音を判断するスピードが上がり、作業がしやすくなったよ。
長年愛用しているMPC3000のパワーケーブルをL/i 50 V4に変えると、ローをはじめとして全体的に音がスッキリ締まって聴こえるようになった。そしてラージモニターでクラブ並みの爆音で聞いた場合でも出音に無理が生じていた部分を解消してくれた。
the_4gears_4
スタジオにおける電源の問題は非常に重要であり、オレのスタジオにはアメリカでの一般的な電圧である120Vの回路とヨーロッパで一般的な220Vの専用回路の両方が設置してある。220Vは音場におけるスペースの表現という意味では良いが、120Vの方が聴感上パンチがあり、そのキャラクターの違いから電源供給する機材を使い分けているんだが、どちらかというと120Vの方をメインに使っている。
d+FireWireとd+USB class Sは、ライブ/DJの現場で活躍している。出音の良さはもちろんのこと、d+USBはMidi Controllerに使用した際に、マップデータの読み込み/書き出しや反応の安定性など、一般のケーブルに比べて優位性が高い。最初はUSBをアップグレードすることはそんなに重要だと思わなかったし、それがスタンダードだと思っていたんだが・・・オレは間違っていたよ。
Carl Craig @Woub Adventure 2010 at Makuhari Messe
CarlCraig_wa_550

2018 Carl Craig synthesizer ensemble at Funkhaus. ↓

RELATED

  • 23 - d_plus - d+,32 - pa-02 - PA-02,34 - blackmamba - BLACK MAMBA,

PageTop