ARTIST REVIEWS

DJ/Producer

PA-02 DJ > ローエンドが凄くパワフルに出るように感じました。高域もハットなどの音の輪郭がはっきり


gonno-520x520

Artist Profile

GONNO
日本の次世代ハウス/テクノを代表する旗手として、アシッドかつメロディック、幅広くストーリー性溢れるプレイで各地で活躍。2011年にInternational Feel Recordingsからリリースされたシングル”Acdise #2”が、ロラン・ガルニエやジェームス・ホールデン、フランソワ・ケヴォーキアンやDJエンマ等にプレイされ、2011年のベストテクノレコードと言えるヒットを記録。2013年にはジェフ・ミルズ “Where Light Ends” のリミックス提供を初め、NYのBeats In Space Recordsからの”The Noughties EP”、ALTZとのスプリットシングル、Calm別名義K.F.のリミックス等を次々と発表、海外公演も数年に渡り行い、同年にはロンドンBoiler Roomに初出演も果たした。2015年には4年ぶりにInternational Feelより新作”Obscurant”を発表。従来のアシッド/メロディックな要素を残しながら、スローモーかつポストクラシカルなアプローチを意欲的に取り入れた本作も、収録曲”A LIfe With Cralinet”はVice Magazine UKの音楽チャンネル “THUMP”の2015上半期において4位に取り上げられている。8月には自身10年振りの、ワールドワイドではデビュー作となるアルバム “Remember The Life Is Beautiful”を発表、PitchforkやResident Advisorなど海外各メディアで賛辞を得る。毎年恒例の欧州ツアーも2015年秋にはベルリンPanorama BarやグラスゴーSub Clubをはじめとした各国で大盛況に終わり、Boiler Roomの5周年にも出演し話題となった。また、Berghainが運営するOstgut TonよりNick Hoppnerとのコラボレーション・トラックEP「Fantastic Planet」を7月リリース。

http://www.gonnosunao.com/
https://twitter.com/gonno_desu
https://www.instagram.com/djgonno/
https://linktr.ee/gonnodesu

User Review

PA-02 DJ

pa02dj_800_600こちらはライヴ用にApogee Duetからアウトで使用してます。今まで使っていたものよりも周波数帯域がかなり広くなった感じがして、特にローエンドが凄くパワフルに出るように感じました。高域もハットなどの音の輪郭がはっきりしながらも耳障りが無く綺麗に鳴ってくれる印象。ラップトップでのライヴ用といった括りでは、Apogee用に今度出るFireWireケーブルも凄く良さそうですよね。

TUNAMI GPX

tunami_gpx_200自宅スタジオのオーディオI/O(MOTU 828 mk2)に使用してます。それまで使用していた付属の電源ケーブルとの違いは歴然で、まるでオーディオI/Oを1グレード上げたものに買い換えたような気分になれる(笑)。
まず低域の輪郭がグッとよく見えてきて、例えばTR808のキックの細かいチューニングまでよく分かる。リズムや楽器のアタックが本当によく聞こえるので、前に出したい音に通すハードウェアのコンプやEQ、マイクプリ等、アナログ機材に使うと更に効果が得られるかもしれません。

PageTop