ARTIST REVIEWS

Musician

Various Items > オヤイデ電気の製品には、僕が好きになれる違いがありました

 

Artist Profile

大井 一彌
神奈川県出身のドラマー/トラックメイカー。
yahyel, DATS, Ortance, LADBREAKSに所属し、AAAMYYY, DAOKO, milet, THE SPELLBOUND, UA, アイナ・ジ・エンド, 他、サポートプレイヤーとしても活動する傍ら、CMやゲーム等のサウンドデザイン、プロデュース等も行なう。
 
▶Official ▶Twitter ▶Instagram

User Review

New‼Ecstasy Cable

シンセやサンプラーの類を使って色々試したところ、TRSケーブルでPA-02 V2からQAC-222へ換えたときの変化と、TSケーブルでQAC-222GからEcstasy Cableへ換えたときの変化の仕方が似ているような印象を受けました。
どちらも、ハイエンドのギラつきがなだらかになって、アンサンブルに溶け込みやすいしなやかな音になった印象です。(それでもオヤイデの全てのケーブルは他社のものに比べて中〜高域のキラキラが際立つ感じがあります)
TSケーブルのラインナップの中では確かに一番気持ち良い音でした。

QAC-222Gより太くPA-02 V2より僅かに細いくらいの適度な太さで、かつ柔軟性はQAC-222以上で手触りも良く、取り回しのし易さと被覆の頑丈さを兼ね備えた現場用ケーブルだと思います。
色もグレーでどこにでも馴染むので、TSケーブルは全部Ecstasy Cableにしておけば安心だろうという感じです。

Interview

様々な現場でドラマーとして活躍しながら自身の表現を探究し続ける大井一彌さんに、オヤイデNEOがインタビューを敢行!
 
オヤイデNEOと共に行った自宅スタジオのワイヤリングについて、またライブで使用する機材に至るまで、貴重な写真ともに彼のレビューをお届けします!

Report

大井さんが参加するTHE SPELLBOUNDのワンマンライブ“A DEDICATED CHAPTER TO STUDIO COAST AND YOU”にて、オヤイデNEOはステージのワイヤリングもお手伝いさせて頂きました。
その様子を貴重な写真と共に紹介します。

 

RELATED

  • 60 - d_plus_classb_ser - d+ Class B Series,61 - qac-222g - QAC-222G,99 - d_plus_usb_ser - d+ USB Series,103 - ocb-1-series - OCB-1 Series,110 - ecstasy-cable - Ecstasy Cable,57 - black-mamba-%ce%b1-v2 - BLACK MAMBA-α V2,59 - pa-02_v2_ser - PA-02 V2 Series,

PageTop