ARTIST REVIEWS

Musician

Ecstasy Cable >「ケーブルも楽器である」と改めて感じられる製品です。

 

Artist Profile

大村孝佳(Ohmura Takayoshi)
1983年12月26日生 大阪府出身
3歳からピアノを習い始め、11歳の時に父親の影響によりアコースティックギターを弾きはじめる。
14歳でエレクトリックギターを弾きはじめ、17歳で洋楽のハードロック/ヘヴィメタルに出会い、強い衝撃を受け傾倒してゆく。
現在は自身のソロ活動と並行して、バンドC4、サポート等多方面で精力的に活動中。
▶Official ▶Twitter

User Review

Ecstasy Cable

音を鳴らしてまず受けた印象は全体的にクリアでエッジー。
質感は現代的で鈍さを感じませんが、包み込むような安心感のある温かさも持ち合わせています。
表現として少し矛盾があるように思えますが、これらは弾くと分かる感覚かなと。
前述のとおりエッジーな割には中音域~高音域は艶があり耳当たりも良く、速いパッセージでも音の繋がりが滑らかなので演奏がとにかく楽で快適です。
また、普段使用している「G-SPOT CABLE」のような中低音域のドッシリ感はありませんが、個人的に一つの指標としているシングルコイル・ピックアップでの低音域の厚みも十分あり、しかも良い塩梅です。
外観としては高級感があり、ツルサラの手触りで現場や自宅での取り回しも良く、これまで使ってきたギターケーブルの中で一番ガッシリしていて耐久性も抜群に良い印象です。
音の使いやすさも含め、初めてのギターケーブルとしてもオススメですし、ケーブル選びや音作りで悩んでいる方はぜひ一度「Ecstasy Cable」を繋いでみてください。
「ケーブルも楽器である」と改めて感じられる製品です。

PageTop