ARTIST REVIEWS

Musician

Ecstasy Cable > ピッキングのニュアンスを正確に再現

 

Artist Profile

BOH
1982年8月14日生まれ、北海道旭川市出身。
中学時代にベースを手にし、2008年にSIAM SHADEのギタリストDAITAが結成したBINECKSに加入しメジャー ・デビュー。
以降はニコニコ超パーティーの超バンド、BABYMETAL、MICHAEL、戦術音楽ユニットワルキューレ 、浜田麻里、中島愛などの他、様々なライブ・イベントやゲーム音楽、CM曲や映画主題歌などのレコーディングでベースを演奏している。
昨今は、六本木歌舞伎2022へ出演。ベーシストとして歌舞伎界へ初進出を果たした。また、自身のセッションバンド『仮BAND』では今までに2枚のミニ・アルバムと1枚のライブ・アルバムをリリースしている。
日本で数少ない6弦ベースをメインに操るベーシスト。
Official Site:BASS道

User Review

New‼Ecstasy Cable

以前は『QAC-222G』を使用していました。そちらも素晴らしいケーブルでしたが、今回の新製品『Ecstasy Cable』はその進化版!
よりピッキングのニュアンスを正確に再現し、6弦ベースの広い音域もしっかり出力してくれます。音像も明瞭かつ太い印象です。
発売前の試作品も含め、Liveとレコーディングで使用して来ましたが、そのポテンシャルは既存のケーブルを凌駕するものです。
エフェクターを繋ぐパッチケーブルもオーダーして、全てを『Ecstasy Cable』で統一しました。
ケーブル表皮の素材は柔軟性がありつつ耐久性も抜群。
僕が自信を持って皆様にオススメ出来る製品です。

QAC-222G

ケーブルをQAC-222Gに挿し替えただけでサウンドがより前に出るようになりました。
弾き手の細かいニュアンスや6弦ベースの広いレンジも余すとこなく伝えてくれます。
音質に嫌な圧縮感やクセが無いのでプレイの力みも取れ、これまでのケーブルでは再現できなかった、より繊細なプレイが可能になります。
全ての演奏家に自信を持ってオススメできるQAC-222G。
あなたのプレイとサウンドを、より高みに引き上げてくれることでしょう!



RELATED

  • 61 - qac-222g - QAC-222G,110 - ecstasy-cable - Ecstasy Cable,

PageTop