ARTIST REVIEWS

Musician

Ecstasy Cable > ミッド~ハイの解像度の高さが特徴的だと感じました。

 

Artist Profile

オカモトコウキ
1990年11月5日東京都練馬生まれ。中学在学時、同級生とともに現在のOKAMOTO’Sの原型となるバンドを結成。
2010年、OKAMOTO’Sのギタリストとしてデビューし、アメリカSXSWやイギリス、アジア各国などでもライブを成功させ、日本国内では日比谷野外音楽堂、中野サンプラザなどでもライブを開催。
10周年となった2019年には初めて日本武道館で単独ワンマンライブを成功させ、初ソロアルバム「GIRL」をリリース。
アグレッシブなギタープレイとソングライティング力は評価が高く、菅田将暉、関ジャニ∞、PUFFY、Negicco、小池美由など多くのアーティストに楽曲を提供。
またPUFFY、YO-KING、ドレスコーズ、TAIKING(Suchmos)、トミタ栞、堂島孝平、ナナヲアカリなどのライブでのギターサポートも務める。
ソングライティング力を生かしバンドの中心的なコンポーザーとしても活躍している。
2022年4月27日にセカンドソロアルバム「時のぬけがら」をリリース。
▶Official ▶Twitter

User Review

Ecstasy Cable

普段からG-SPOTやQAC-222Gなどケーブルを愛用させてもらっていますが、Ecstasy Cableはその中でも特にカラッと抜けがよく、特にミッド~ハイの解像度の高さが特徴的だと感じました。
遠くまで音がダイレクトに飛んでいくような伸びや、乾いた感じが僕のようなアンプでクランチサウンドを作るタイプのサウンドとも非常に相性がよく、クールな見かけも相まってお気に入りになりそうです!
 

PageTop