ARTIST REVIEWS

Musician

G-SPOT CABLE > 芯のある強さと美しさを兼ね備えたこの色気からは当分抜け出せそうにないです

 
nakatayuji_2015

Artist Profile

中田裕二
1981年生 熊本県出身。
’00年、仙台にて「椿屋四重奏」を結成。
歌謡曲をベースにした斬新なロックサウンドで多くの音楽ファンを獲得。
’11年1月の突然の解散発表は大きな反響を呼んだ。

幼少時に強く影響を受けた70-80年代の歌謡曲/ニューミュー ジックのメロディセンスを核に、あらゆるジャンルを貪欲に 吸収した一筋縄ではいかないサウンドメイクと、様々な情景描写や人生の機微をテーマとした詞作によるソングライティングは中毒性が高く、熱心な信奉者が多数。
▶Official HP ▶Official Blog

User Review

QAC-222G

QAC-202Gよりブライトになって張りが出た感じがしました。
バンドの中で埋もれずにちゃんとアピールしてくれる音っていうんですかね?
アコギもこれから試してみます。
夏にトリオツアーやるのでその時も使わせてもらおうと思ってます。
 

G-SPOT CABLE

とても素敵すぎるネーミング(笑)のこのケーブルですが、まずそのルックスに惹かれます。
もともとグリッターなロックを好む俺としては、ラメがかった光沢のあるパープルにゴールドのジャックというセクシーなマッチングに所有欲も掻き立てられムラムラ。
マーク・ボランも生きていたなら間違いなくこのケーブルを選んだはずです。
で肝心の音ですが、こいつがまた色っぽい!色んなメーカーのケーブルを使ってきたので多少(多少ですけど・・)違いは解るようになってきたのですが、繋いで一発で感じたのは、中域の抜けの良さです。
腰にクる・・というと解りやすいと思いますが、ギターの最もおいしいところがきらびやかに鳴ってくれます。
しかも決して耳障りじゃない。でも下から上まで抜け目なく出てるんです。カッティングしたときにもしなやかな粘りを感じます。
芯のある強さと美しさを兼ね備えたこの色気からは当分抜け出せそうにないですねえ。
 

QAC-202G

tubakiyaqac202こちらはギターのみならず、ベースも繋いでみましたが、レンジがとても広く、高域から低域までしっかりと表現してくれます。
とくにベースを繋いだ時の音が最高。低域にどうしてもスポイルされがちの中高域が、生き生きとクリアに鳴ってくれます。
しっかり弦の鳴りが解ります。スライドしたときとかすごく気持ち良い。
弾いてて楽しい、この要素って実はミュージシャンにとって最も重要なこと。
レコーディングでも使用しましたが、録り音も最高でした。
太いのに繊細。この相反するようなものを納得できる形で両立させてくれるとてもいやらしい(笑)優等生です。

PageTop