ARTIST REVIEWS

Musician

Ecstasy Cable > 弦が指で擦れる音や強弱が忠実に再現される

 

Artist Profile

スケボーキング
1995年結成。2000年1月インディーズ時代の楽曲のベストアルバム『SUPER BEST』でデビュー。
その後、1st『magic moment …』、2nd『KILLING FIELD』、3rd『EVERYTHING IS MY FAULT』、4th『RED FLASH』、5th『RETURNS』の5枚のオリジナルアルバムと、Remixアル バム『NO INDEPENDENT THOUGHT』、ベストアルバム『 ZOMBIE BEST』を発表している。
ヒップホップとロックをミックスするスタイルで、2000年代初頭に起こったミクスチャームーヴメ ントの旗手として一躍シーンの代表アーティストとして注目を集める。
Dragon AshのKjをゲストに招き発表されたコラボ作「EPISODE1」は大きな話題を集めた。
その後 SBKとDragon Ashが交互に発表する”EPISODEシリーズ”として現在までに7作品が発表されている。
2010年6月にSHIBUYA-AXで行われたデビュー10周年ライブ『EPISODES』を以って解散を発表。
2020年、10年の時を経て再結成を果たす。
2022年には実に13年ぶりのNEWアルバム『THE NEW ALBUM』をリリースした。
▶Official ▶Twitter ▶Instagram  ▶️YouTube

User Review

Ecstasy Cable

ベースで使用させて頂いております。
Ecstacyケーブルは特にハイの抜けが良いという印象です。
ベースって、実はハイがきれいに出てくれるのって重要で、ニュアンスの再現力が左右されます。
Ecstasyケーブルは弦が指で擦れる音や強弱が忠実に再現されます。
また、私はシンセ系のエフェクターや歪も使うのでさらにハイ抜けの良いケーブルは有り難いものです。
このケーブルは作りもしっかりしていて、素晴らしいケーブルだと思います。
MASH:Ba.Twitter / Instagram
 

PageTop